2017年5月13日土曜日

ヤクトグスタフ改造キット・再生産のお知らせ

 お陰様で「ヤクトグスタフ改造キット」は初期ロットが完売いたしました。
只今再生産の準備に取り掛かっております。
ご注文受付再開は6月上旬の予定です。
準備が整いましたら改めてお知らせいたしますので
今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。


2882MODELING

2017年5月12日金曜日

ヤクトグスタフ作例(3)(4) オリジナルアレンジ編

ヤクトグスタフ改造キット使用作例、このページではキットをベースに製作者の個性を加味した作例をご覧ください。

まずは本改造キットのインスト製作もお願いしました、purejam様の作例です。


ちょこっと改造例として、ループアンテナ、レオ様アンテナ、スモークディスチャージャー、レーザーにサブアームをちょい足ししました。

 ちょい足し以外には、左腕の脇はPC23ではなくPC24を使用、右腕は脇のポリパーツを蛇腹二つぶん軸を残しつつ切り取って脇を締めています。

更に肩アーマーの取付ピンを付け替えて、アーマーが前寄りに付くようにしています。また、腰を低くする為の股関節と足首の定番加工を施しています。

 塗装はヤクトつながりでヤクトティーガーの迷彩パターンで塗ってみました。タミヤのオキサイドレッドのサフを基本色にアクリルでサンド色と陰影等を付けました。認識帯を白で塗ってるうちに、顔が見えてきましたので、ズッカー小隊のエンブレム風のシャークマウスを描いてみました。
誰だネコ◯スだなんて言ってる奴はw」
ベースキット:WAVE レオパルト
製作者:purejam








続いて、深い塗装が特徴の是空様の作例です。

「改修点 元キットの脇しめ対策として、取り付け部分の穴をたて穴にし、大型化しています。また、上腕部の内側を切り欠き一段低くなるようプラパイプを接着し、肩幅を狭く見えるように加工しました。レーザーバレルの内側にはバレルアームを配置、手は左手を逆転加工しています。
 塗装に関してはいつも通りのジャーマングレイを下地に各種色を下塗りとした上から、ダークイエロー、ミドルストーン、マホガニーを使いました。認識帯はトップカバーの航空認識帯兼用のみとしています。実戦の試験配備運用機体ということでウェザリングも施していますが軽めに抑えました。」
ベースキット:WAVE レオパルト
製作者:是空




ヤクトグスタフ作例(1)(2) ストレート組編

今回、ヤクトグスタフの作例見本に3名のモデラーさんにご協力いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。梅澤浩人様、是空様、purejam様、誠にありがとうございました。
 このページでは基本的に改造キットをそのまま組み込んだ2作品、次のページでは更に改造を加えた2作品をご紹介いたします。

まずはストレート組み編その1、当社原型担当の村生えでぃ製作です。


「レオパルト本体への改造は腰と足首にPINKTANK製SAFS用間接改造キットを流用、腰を落としたポーズを取りやすくしています。製作見本、パッケージ撮影用に組んだのでハッチは固定せず抜き差しできるようになっています。(但しハッチ閉状態は見えないところでマスキングテープにて固定)
塗装は横山先生による初出のイラストイメージに合わせてグリーン系で。ロシアングリーンとシナイグレーをベースに絵皿の塗料を適当に混ぜながら陰影を強調するように塗装、その上からクレオスウェザリングカラーで更に陰影調整しました。」

ベースキット:WAVE レオパルト
製作者:村生えでぃ




続いて、WAVEコンラートに改造キットを組み込んだ作例を
梅澤浩人様にお願いいたしました。


 「脇詰めや短足化などのスタイル変更の工作は行っておりません。強度的に不安がある腰のガードバーとアンテナは真鍮線に置き換えています。背中のメッシュは精度を上げるべく他社のモノに交換しました。コクピットハッチはオープン固定にしています。  塗装はプライマーサーフェイサーを塗布後下地にマホガニー、その上から何色か適当に(所謂虹色下地)塗りミドルストーンやダークイエロー、タンなどを混色しながらスポンジでスタンプ塗装しています。少し退色した感じにしたかったのでMr.ウェザリングカラーのサンディウォッシュで黄色味を抑えています。完成するとほとんど目立ちませんがコクピット内部はインテリアカラーを使いました。
 デカール貼付して乾燥後コーティング、下地に塗った色が適度に透けているので汚しなどはほとんど行っておりません。」


ベースキット:WAVEコンラート
製作者:梅澤浩人





2017年5月11日木曜日

ヤクトグスタフご購入者向け・グスタフ/コンラートを使用する場合

2882MODELING製ヤクトグスタフ改造キットは基本的にWAVE製レオパルト/ケッツァーに組み込むことを想定しておりますが、キット内に付属しているパーツを使うことでグスタフ/コンラートにも組み込み可能です。

・グスタフ/コンラートの脇パーツ(M2、M3)に、パーツ番号18R、18Lをはめ込みます。

・背中のエンジン部分にパーツ番号17G(レオパルト使用時には17)を接着してからエンジン(M1、M4、M6)を接着します。
・グスタフを使用してハッチオープンにする場合は、コクピット隔壁(L2)と(06)が干渉しますので、(L2)の上端を削って調節してください。
・レーザーアームはそれぞれのキットをご利用ください。